新着情報

旅から始まる新しい世界

2016.07.17

幡司菜穂子
2011『b.vacances 』設立。

コスチュームジュエリーデザイナー

 


<ファッションとは無縁の会社員時代>

短大を卒業後、父の勧めで中国・洛陽に留学。
帰国後は中国語の通訳、秘書の仕事を経て、
台湾・アメリカ系IT企業に勤務。

 

売上げを作ることに興味を持ち、
営業アシスタントを経て営業職に就きました。


当時からいつか自分でビジネスをしたい

という気持ちが強かったですね。

会社員時代は、ファッションに強い興味はなく、
本当に気に入ったものだけを選んで着るタイプ。


ランチタイムは同僚のエンジニアと
仕事の話に没頭することが多く、

アクセサリーとは無縁でした。

 

<旅先での出会い>
そんな私の転機は、休暇で訪れたパリの
セレクトショップオーナーとの出会い。


東京で私が初めて作った指輪をたまたま目にして、
褒めてくれたのです。
滞在中、その指輪をきっかけに、
他のショップの店員が声をかけてくださることが、
幾度もありました。


アクセサリーづくりへの思いが募り・・・
半年後、通訳を伴い、
再びフランスへ飛び立ちます。


パリのありとあらゆるセレクトショップに
アクセサリー二十数点を抱えて見せて回ったのです。


そこには、パリを代表する老舗
「レ・クレルール」やSaints Pères 通りの「Shadé」も。

「何年かかっても、あなたのセンスで
私の店にあうアクセサリーを作ってほしい」

「アクセサリーの道にすすむべきよ」

という言葉に導かれ、私は会社を辞め、
アクセサリーブランドの立ち上げを決めました。

 

 

<好きなものだけで溢れる宝箱>
好きなパーツだけを選りすぐり、

集めて作り上げる喜び、
それがアクセサリーづくりの醍醐味。

 

パーツの一つ一つがとても大切なお気に入り。

ですから、一つのアクセサリーの一部分でも
イメージするパーツが見つからないと
それ以上、作れない・・・作らないのです。

 


「花座」と呼ばれる、
通し穴をかくすパーツ選ぶだけでも、
1000頁のカタログを隅から隅までチェックした事も。


ある時は、中国でビル1棟の資材売場
すべてを見て回り、
3つのパーツしか選ばなかったことも。


日本国内、海外に情報網を持ち
フランスで古い工房が売りに出された時に、
そこに眠っている著名なメゾンのアンティークパーツを
探し求めることもあります。

 

<幼き日のクリエーションとパリ>
お砂糖に絵を描いたり、
ぬいぐるみの作り方をねだって教えてもらったり
子供の頃の大切な思い出。


休暇で訪れたパリの街角と、
私の大切な記憶が、
幾重にも重なりあい、
私のアクセサリーのデザインや

色あいになっています。


「ビー・バカンス」というブランド名は、
仏語の「bonnes vacances」
「素敵なヴァカンスを」からとりました。


私のアクセサリーを身につけて、
ドキドキ、ワクワクして
過ごしていただけたら。

 

 一覧へ戻る

COPYRIGHT © H・D Base Mode Co.Ltd. All Rights Reserved.